Free-tree(^^♪

21歳 現役大学生! 初めてのブログ活動で分からないことばかりですが、よろしくお願いします!(^^)

分かると怖い話 3 「死に際」

皆さん、お疲れ様です。

 

今回はちょっとグロいのでご注意を!

 

 

 

「死に際」

 

f:id:YouToBlog:20191023234641j:plain

 

ブラック企業で働き、彼女に振られ、借金まみれ、、、

 

現在、人生最底辺の道を歩んでいる男、A。

 

そして、今20階建てのビルの屋上から落下中である、、、

 

人生に疲れたのである。

 

 

A 「あー、やっとあの世へ行ける。

  そーいえば俺の人生辛いことばかりだ

  たなぁ〜、、、

  

        あれ、地面に近づくにつれて、どんど

  時間の流れがゆっくりになってる感じ

  がする。

  

  走馬灯を見る時間を、神様から頂いた

  のか??(笑)」

 

 

そして、Aの頭が地面についた頃には、時間が、止まってるといっても過言で無いほど、ゆっくりになっていた。

 

頭が地面と接触した感覚があった。

 

A 「あー、やっと逝け、、、」

 

 

 

これからAは、地獄へと、いざなわれるていく、、、

 

 

 

物語はここまで!

いかがだったでしょうか?

 

今回の話はかなり短かったですけれども、分かったら結構きつい話です、、、

 

 

 

では、答え合わせをしていきましょう♪♪♪

 

まず今回の話のポイントは

  • 屋上からの飛び降り
  • 地面に近づくほど、時の流れがとても遅くなる。
  • 接触した感覚があった。

 

 

お待たせしました!

この話の怖いところは、、、

 

  Aは永遠に近い時間、頭がつぶれる痛みを味わう です。

 

 

死ぬ直前になると、時間の流れがとても遅くなったように感じるのは有名ですよね♪

只、もし本当に痛みをかんじるのであれば、、、

 

僕は痛みのない死に方がしたいですね( ´∀` )

 

 

 最後までご観覧していただき、ありがとうございました。